カエル型ヘッドフォンカバー:オプションパーツ2008年09月21日 15:18

オプションパーツ

ヘッドフォンの折りたたみ機構が働くと、せっかく作ったヘッドフォンカバーが外れてしまうのを解消するために用意したのが、画像のパーツです。

手芸用の一方が輪になっている短い針金を使っています。

三角形の部分を、ハウジングとイヤーパッドの間に入れるようにして使います。
これで、ほとんど動くことはなくなりました。

カエル型ヘッドフォンカバー:問題点2008年09月21日 14:59

問題点
実はカエル型ヘッドフォンカバーには、とんでもない欠点がありました。

ヘッドフォンの折りたたみ機構が動いて、すぐに外れてしまうのです。
これでは、はっきり言って使い物になりません。


当初は周辺部分のゴムを入れようかと考えていたんですが、面倒臭いその他もろもろの理由から、ゴムは省略していました。
そのゴムを復活させれば、外れるという問題に対応できるのでは?
と考えたんですが、そこそこの程度のゴムでは、役に立たないだろうし、あんまり強力にすると、イヤーパッドが変形して、掛け心地が悪くなるといった問題が発生しそうです。


さあ、どうしたもんか?
・こんなもんだと諦める。
・可動部分の無い同サイズのヘッドフォンを買ってくる。
・可動部分を固定する
などの案があります。

同サイズの別機種は各メーカーから発売されていますが、どいつもこいつも似たような変形をしやがります。
と思っていたら、あるマイナーメーカーにそれっぽいヘッドフォンがありました。
あんまりいい案が浮かばなかったときの選択肢として使うとします。


次に固定する方法を考えます。
ヘッドフォンのハウジングのブラ部品と、イヤーパッドの間に隙間が開いているんで、そこにツメのあるものを挿し込めれば、固定できそうな気もします。
けど、そう都合のいいパーツが落ちてたり、売ってたりするわけはありません。

カエル型ヘッドフォンカバー:完成2008年09月19日 20:47

カエル型ヘッドフォンカバー

ようやく、カエル型ヘッドフォンカバーが完成です。

完成はしたものの、出来栄えがイマイチ。
いかにも、素人が手作りしたっていう雰囲気が漂っています。
まあ、素人が作ったんだから、当たり前だけど。

まだまだ経験が足りませんね。

とくに、目のあたりがよろしくない。
目玉パーツの位置がずれていたり、縫い糸が見えていたりして、だらしないモノになってます。
人形(?)は目が命なので、目の精度が悪いと、全体がダメに見えてくるんで、よけいに悪い印象をもってしまいます。


けど、キットを買ったり、作例を真似たりしたわけじゃなく、一からオリジナルのものを作ったことで、ちょっと自信になりました。

カエル型ヘッドフォンカバー:合体フェーズ32008年09月18日 23:15

最終合体前
カエル型ヘッドフォンカバーもいよいよ最終合体です。

画像右の裏地布を、左のカエル顔の上に乗せて、周囲を縫います。

どう考えても、目が邪魔で縫いにくそうです。
もうちょっとなんとかならなかったのかと自分を責めたくなってきます。


後で、裏表を逆にするんで、その分の口を残すようにします。

カエル型ヘッドフォンカバー:妖怪?2008年09月14日 23:04

妖怪?

なんじゃコリャ?

なんか、顔から直接足が生えた異形の生物のように見えるぞ。

でも、なんか微笑ましいな。


これはこれで、いいかもしれん。
このまま、変な生き物として完成させたくなってきたな。

いやいや、それはいかん。
せっかく、カエル型ヘッドフォンカバーとして作っているのに、そんな用途に転用しちゃいかんのである。

でも、やっぱり惜しいな~。