デュアスロン2011年02月08日 21:05

デュアスロンの案内が送られてきてました。

ラン5キロ+バイク30キロ+バイク5キロなのかと思っていたら、実際は、ラン5.4キロ+バイク28.8キロ+ラン5.4キロ。

おいおい、苦手なランの距離が800mも増えとるやん!
普段から走っている人なら、たかだか800mかもしれんが、私にとっては「800mも」である。

ランのコースは、1周2700mを2周します。
2周するということは、周回遅れになるかも・・・
私は調子が良かったときでさえ、1キロ5分ペースで10キロ走れたぐらい。
今なら頑張って1キロ6分ペースじゃないかと思うし、あえて最初はゆっくり走ろうかと考えていたぐらいだ。
そして、早い人は1キロ3分で走る。
集団の後方で、前が詰まった状態になり、スタートが遅れるのを考えると、シャレじゃなくて、周回遅れは有り得る。

たった2周しかしないのに、周回遅れって・・・
まあ、それが実力なんだけど、やっぱりショックだな。

どんなレベルの人が参加するのか分からんが、最初のランで遅れた分はバイクである程度取り戻せるのではないかと考えている。
バイクで時速30キロで走れば、1時間弱。
30キロという距離は全く問題無い。
問題があるとすれば、普通に走っていると、信号やらで止まるので、連続で1時間走った経験が無いこと。
いつもサイクリングロードでやっているように、前を走るロードレーサーをロックオンしながら走ればいいはず。
(私の参加するクラスは、前走者を風除けにするのは禁止されてます)
ランが遅い分、前にカモがいっぱいいるのではないかと期待してます。

2回目のランを走りだすと、足がパンパンになるんで、なんとか誤魔化しながら、2周走り通せれば、ゴールできるのではないかと考えている。



デュアスロン用に購入したのではないのだが、レースにふさわしいホイールが届いてしまいました。
見たら、おいおい貴様、MTBにそれアリか?と言いたくなるようなホイール。
いちおう、MTB用なんだけどね。

でも、自転車は今、パーツ交換の為に自転車屋さんに預け中・・・
パーツ交換間に合うかな~。

隙間2011年01月28日 22:29

MTBのハンドル周りを交換してたら、何かおかしい事に気がつきました。
ヘッドパーツとフレームの間に隙間が出来てるぞ・・・

上部のベアリングを押さえるパーツが、きれいに入っていない。
うーん、これはどうすんだ?
手で押し込んでみたものの、全く言うことを聞いてくれない。
ついでに、グリスがきれてますな~。
ヘッドパーツ周りは全く、メンテしてなかったからな。

とりあえず、隙間はあるものの、ステム・ハンドル・グリップ・エンドバーは交換してみた。

ハンドルをフラットバーから、ライザーバーにしてみた。しかも、変態っぽく逆ライザーにしたら、いかにも走りそうなツラ構えになったぞ。
実際に走るかどうかは別の話だけど。

隙間は自転車屋さんに持っていって、直してもらうとしよう。

ロードとMTBの速度差2011年01月17日 21:22

246号と16号の交差点から、246号を北上して、二子玉川の某自転車屋までのタイムをロードとMTBで比べてみました。

結果は、信号待ちを含めて、ロードが51分。
MTBが52分。
距離は、20キロぐらいだったような。(家を出るときにしかサイコンをリセットしないので、実は距離がよく分かっていない。)

集団走行するレースで1分差なら大差だけど、街中で1分差って、誤差の範囲だろ。
信号待ちのタイミングで1分は軽く変わるぞ。
信号に止まるかどうかは、渋滞してるかどうかでも変わるし。

まあ、その信号1つ分だけ、ロードが早いとも言えますが。。。

ロードの方が速いってイメージがあるし、実際に速いとは思いますが、街中で走る分には、あまり差がないのでは?と感じます。
ロードに乗って速い人は、ロードに乗ってるから速いのではなく、実はMTBに乗っても速いのではないかと思います。


ちなみに、MTBで走った時は、あまり信号ストップがなかったように感じます。しかし、向かい風が強く、環境面ではMTBが不利だったとも言えます。

結果を見ると、ロードが思ったほど速くないというか、MTBが意外に検討しているように思えます。
MTBは、乗り慣れているのに、対してロードはまだ慣れているとは言えません。
さらに、ロードはブルホーン+エアロバー仕様で、エアロバーの先にバーコンが付いているので、ほとんどシフトを使いません。フリクション式なので、変速に時間がかかるのも、シフトを使わない要因です。

最高速度や、時速30キロまで速度を上げるのに必要なエネルギーはロードが優勢ですが、ゼロ発進時の力の入れやすさはMTBが上です。
それが、MTBでロード並みのタイムが出た要因だと考えれられます。

あとは、ロードはセッティングがいまいちで、ちゃんとポジションが出ていないのが問題です。
シート高を1~2センチ、上げてみたいんだけど、なぜかシートポストが外れなくて、調整が出来ていません。


何にせよ、母体数が少なくて、これだけでどっちが速いとは言えません。

熊谷2011年01月05日 23:42

正月休みに、実家の熊谷まで帰省してきました。
当然、チャリで。

相模原から熊谷の実家まで95キロ弱でした。
てっきり100キロ越えていると思い込んでいたんで、「なんだ近いじゃん」と思ってしまいました。
かといって、日帰りする気にはなれんけど。

16号・407号で移動したんですが、適当に走ってたら、何度か道を間違えそうになりました。
特に16号がクセモノで、「道なりに進んでいきゃいいだろ」と何も考えずに進んでいると、何度か曲がらなきゃいけない交差点を通り過ぎそうになりました。
かなり運が良かったので、無事に進むことができましたが、ちゃんと道を把握しておかないとやっぱりダメですね。

相模原から、熊谷に向かうには、困ったことに基本的は登りです。
峠道みたいに、派手な傾斜はありませんが、微妙に登りです。
なんか、足が重くて、スピードが伸びないと思ったら、実は微妙な坂道を登っていたりします。
さらに、群馬方面からの向かい風をモロに受けなきゃなりません。
この風が結構きつくて、「下り坂だ!楽できるぞ」と思ってたのに、風が強くて、下り坂なのにスピードが全然のらなくて、結局漕がなきゃダメじゃねえか!となったりします。


帰りは、親に途中まで、車で送られてしまいました。
こっちは、自転車で帰りたいのだが、どうもそれが通じないんだよな~。

親と別れてから、帰りは16号は使わずに、所沢方面から南下するルートを通ってみました。
こっちの方が近いのかも?と思ったんですが、車で送られたせいで、距離は分からず・・・

次に熊谷に行く機会があれば、所沢ルートを試してみるとしよう。

ヘッドスペーサー交換2010年12月30日 17:52

MTBのハンドルをちょっと下げたかったので、ヘッドスペーサーを交換してみた。

今まで、ステムの下に10mmが入っていたので、5mmを2つ買ってきて、とりあえず5mm下げてみた。
これで、ちょっとでも空気抵抗が減ってくれれば。。。
その前に色々やることがある気もするのだが。

ほとんど意味ないと思いつつも、ヘッドスペーサーはカーボンにしてみた。
お約束で、重量を測ってみると、7.8g→5.5gになりました。
2.3gの軽量化です。

そんなことで、2.3g削るヒマあったら、脂肪を数キロ減らしとけや!!
阿呆か己は!
と言いたくなります。


実際、こんなことで遊んでいないで、そろそろ年賀状でも準備せんとな。
とっと手を出さないと1月中に完成するかどうか怪しいもんな。