5時間35分37秒2011年03月12日 19:37

5時間37分37秒
先日の地震で、会社から自宅まで徒歩で歩いて帰ったときのタイム。

自転車で何度も通ったことがあるルートなので、道に迷う心配は全くなし。
それどころか、次のコンビニの場所まで頭に入っているぐらい。


同じように歩いている人は、それなりにいらっしゃいました。
しかし、みなさん、どのくらいの距離を歩くのか分かりませんが、ちょっと帰宅難民をバカにしてないかと思いました。

というのは、通勤用のカバンを持って歩いている人が多い。
中には会社で持たされたのか、防災用っぽいヘルメットを持った方まで・・・
2時間以上歩くのであれば、カバンは持たない方が懸命です。
持つのと、持たないのでは、疲労感が全然違う。
それを理解していたり、カバンの中に非常用のアイテムが入っているのであれば、持っていても構いませんが、習慣で持つのはやめた方がよいでしょう。

あとは、糖分補給を考慮して、飴とかチョコを携行しておくこと。
私は、飴を口にして、道中を歩いてきたんですが、そういう人はいなかったように思えます。
糖分が足りなくなると、体力はもちろん判断力も落ちるので、できるだけ糖分補給できるようにしておくべきです。


逆に私が持っていなくて、失敗したと感じたのは懐中電灯。
途中区間が停電していて、車のライトが唯一の明かりだった時に、何名かは懐中電灯を持っていたのを見て、感心しました。



しっかしまあ途中で停電しとるとは思わんかった。
「へ~、地震になったら信号も止まるんだ~」「この道、こんなに暗かったけ」「おお~、コンビニまで閉まっとる」と勘違いしまくってから、停電しているのが分かりました。
まったく、アホは己は!!

停電でコンビニが閉まっててトイレを借りられないのは、ちょっと困りました。

あわよくば、途中でバスに乗れるかと思ったら、なぜか動いているのは反対方向のバスばっか。
同じ方向のバスがたまにいると、回送だったりする。

最後の一駅区間で、ようやくバスが居た!
と思ったら、渋滞につかまってて、歩いた方が断然早い。というか追い抜いた。


私の予想では、8時間ぐらいかかると思っていたんですが、予想よりもかなり早かったです。
意外だったのが、津久井道の小田急線沿いに、人が溢れていなかったこと。
そこは歩道が狭くて(場所によっては分離式の歩道が無い)歩きにくいので、人が押し寄せると歩行者渋滞するんだろうな~と思っていたんですが、そんなことはありませんでした。


帰りついたら、足に靴ずれが多数・・・
おまけに、右足の人差し指のツメが浮きかかってます。
あと2時間歩いていたら、剥がれてたと思います。
剥がれなくて良かったというべきか、中途半端に剥がれかけの状態なので、落ち着かないというべきか。

物不足2011年03月13日 22:39

チャリンコで移動してたら、あちこちのガソリンスタンドで渋滞が発生してました。
ガソリン値上げ+地震の影響だろうとは思いますが、今までにあったガソリン値上げの時よりも、渋滞が長いような気がします。

近所のガソリンスタンドで、渋滞が起きていないところがあって、ここはよっぽど高いのか?と思ったら、売り切れてました。
しかも、ハイオク含めて。

マジですか?
これは、初めての経験かも。


家に帰ってきて、4時間ばかり風呂に入って、腹が減ったんで、近所の100円ショップへ行ってみた。
日曜の夜10時って、あんまり客は入っていないのに、なぜか大繁盛している。
いったいどういうこと?

周りの話を聞くと、スーパーやコンビニから食料品が無くなりつつあるらしい。
スーパーが自主的に被災地へ送っているのと、計画停電の心理的影響か買いだめが発生しているようだ。

計画停電と食料確保は違う気がするんだが。。。
とは言っても、周りの人が買いだすと、不安になって自分も買っておかないと、と考える気持ちも分かる。

実際、100円ショップでパンの棚に商品が一つも無かったり、お菓子の棚まで、歯抜け状態になっているのを見ると、今買っておかないとマズイって気分になる。
特に、私は自宅に食料の備蓄はないので、困ったことになる。

つっても、買いだめするのも、なんだかな~、
2日ぐらいは食わなくてもなんとかなるし。まぁ、集中力と判断力はかなり落ちるけど。

出社難民2011年03月14日 11:28

帰宅難民ならぬ出社難民になるとは思わんかった。

計画停電の影響で小田急線は一部区間を除いて運休。
最寄り駅は、一部区間じゃないモロに運休区間。

駅で聞くところによると、JR横浜線も止まってるが、京王線は生きてるらしい。
橋本まで出れば、なんとか会社まで辿り着ける。

バス・タクシー乗り場は、待ち行列が出来ているので、一時帰宅して、自転車で橋本まで向かいました。
橋本駅で、駐輪場の一時預かりのところへ行くと、駐輪場の管理人さんから京王線も動いてないよ、と言われました。

うーむ、折角チャリを出してきたのに、
チャリで会社まで行くことも可能なんだけど、スーツで自転車に乗って、30キロ以上走るのは、あんまりやりたくない。

ということで、諦めて家に帰ってきた。
明日からどうすんじゃい。

雑記2011年03月16日 20:50

電力使用量を減らすために、首都圏は夜になると、暗さを感じるようになった。

ちょっと寂しい気もするが、これが身の丈に合った生活なのではと思う。

今までの、贅沢なのかどうかは考えずに、とりあえずいっぱい電気つけて明るくしとけ、という姿勢は間違っていたんだろうと思う。

スーパーやコンビニに行けば、何でも手に入る生活なんて、無くならないと思っていたのだが、やれば出来るじゃないかと感じている。
とはいっても、商品が少ないからといって、買いだめされるのは困るのだが。

そう思うと、これまで減らせなかった赤字国債だって、無くそうと思えば、無くせたのではないかと思えてくる。
政治家も国民も、生活レベルを下げる覚悟が無かっただけのことなんだろう。


先日、あきれてしまったのが、首都圏でも放射線量が増えたという報道。
X線検査との比較が出ていたが、単位が違うんだわ。
X線検査がミリシーボルトで、首都圏での測定値はマイクロシーボルト。
1000倍違うって!
しかも、首都圏は毎時なので、1時間の量。
計算上は、何日も新宿かどっかに居て、ようやくX線検査一回分である。
そんなもんを気にするんだったら、飛行機で海外旅行は行けませんぜ。
(事故る確率があるという意味ではなく、飛行機で高空を移動すると、大気のバリアが薄いので、地上よりも多く放射線を浴びる)
数字だけが、一人歩きする悪い例でした。

計画停電2011年03月23日 22:30

先日、帰宅したら夜の計画停電の真っ最中であった。

こんだけ騒いでるのに自分の家がどのグループなのか、知らないのは俺ぐらいのもんか。

停電したら、まあ、そん時はそん時よ。
と本気で思っている。
あと、いちいち気にするのも面倒だし。



「計画停電の対象外地域(23区の一部)があるのは不公平だ。」
などという意見があるらしいが、どうやっても公平にはならんのだから、そんなことをツベコベ言うんじゃねーよ。

そういう文句を言うヤツに限って、23区内の電気が止まったことによって、公共サービスや社会インフラに影響が出ても文句を言いそうな気がするんだが、俺の思い込みか?

まあ23区内に住めるってことは、それなりに金を持っていて、税金も多く払ってるんだろうから、いいんじゃねえの。

23区以外で、停電地域から外れている人たちは、くじに当たった人だと思えば、文句を言う気にもならんわ。



関東でも野菜や水に放射能の影響が、と話題になってますが、結局は自業自得なんだよね。
原発で発電した電力を、今まで散々使ってきたツケが、悪い形で回ってきたということ。
原発安全神話を信じて、原発には反対しなかったから、こういう事態になったわけ。

過去に事故があった時が、原子力政策をどうするか考え直す機会だったのですが、目先の便利さを選んだわけだし。
今まで、反対し続けてきた人や福島の方々を除いて、文句を言える筋合いではないと思う。


とんだトバッチリなのが、福島及び近郊の方々です。
関東で使う電気をまかなうために原発を地元に作って、被害は自分たちが受けなきゃならんとは。
まったく、やりきれんと思う。
そして、被害の少ない関東で騒いでいるのを耳にすると、ムカつくんではないか。
「誰のせいだと、思ってんだよ!」
と怒っても仕方ない。