ロードとMTBの速度差2011年01月17日 21:22

246号と16号の交差点から、246号を北上して、二子玉川の某自転車屋までのタイムをロードとMTBで比べてみました。

結果は、信号待ちを含めて、ロードが51分。
MTBが52分。
距離は、20キロぐらいだったような。(家を出るときにしかサイコンをリセットしないので、実は距離がよく分かっていない。)

集団走行するレースで1分差なら大差だけど、街中で1分差って、誤差の範囲だろ。
信号待ちのタイミングで1分は軽く変わるぞ。
信号に止まるかどうかは、渋滞してるかどうかでも変わるし。

まあ、その信号1つ分だけ、ロードが早いとも言えますが。。。

ロードの方が速いってイメージがあるし、実際に速いとは思いますが、街中で走る分には、あまり差がないのでは?と感じます。
ロードに乗って速い人は、ロードに乗ってるから速いのではなく、実はMTBに乗っても速いのではないかと思います。


ちなみに、MTBで走った時は、あまり信号ストップがなかったように感じます。しかし、向かい風が強く、環境面ではMTBが不利だったとも言えます。

結果を見ると、ロードが思ったほど速くないというか、MTBが意外に検討しているように思えます。
MTBは、乗り慣れているのに、対してロードはまだ慣れているとは言えません。
さらに、ロードはブルホーン+エアロバー仕様で、エアロバーの先にバーコンが付いているので、ほとんどシフトを使いません。フリクション式なので、変速に時間がかかるのも、シフトを使わない要因です。

最高速度や、時速30キロまで速度を上げるのに必要なエネルギーはロードが優勢ですが、ゼロ発進時の力の入れやすさはMTBが上です。
それが、MTBでロード並みのタイムが出た要因だと考えれられます。

あとは、ロードはセッティングがいまいちで、ちゃんとポジションが出ていないのが問題です。
シート高を1~2センチ、上げてみたいんだけど、なぜかシートポストが外れなくて、調整が出来ていません。


何にせよ、母体数が少なくて、これだけでどっちが速いとは言えません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://deep-don.asablo.jp/blog/2011/01/17/5640222/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。